プレイ方法

何度か対戦してみて、基本は完全に理解できた、って顔をしているな。大したもんだ!だがな、どんなにあんたの飲み込みが早かろうと、覚えるべきことはまだまだいくらでもあるのだ。ここから本腰を入れて、ハースストーンのプレイについての基本的なことと、ついでにそんなに基本的じゃないことについても話そうじゃないか。

画面の概要

実のところ、ハースストーン のゲームインターフェースの説明は、たった1枚のスクリーンショットでことが足りる。なに、信じられないって?まあ、実際に下の画面を見てみるんだな。

各ターン、君は君のデッキからカードを1枚引き、君の手札に追加する。縁が緑色に光っているカードは、その時点で使用できるカードだ。光っていないカードは、現在手持ちのマナでは使用できないか、その他使用できる条件を満たしていない状態だ。

これが君だ、カッコイイだろう!君のアイコンの右下の数字は、君の現在の体力だ。君がミニオンや呪文からダメージを受ける度に減り、回復呪文を受けると補充される。これが0以下になると、君の負けだ。

各ヒーローには、1ターンに1回まで使用できる固有のパワーがある。例えば、ウォリアーは装甲で体力を増強でき、シャーマンはトーテムを召喚でき、ローグはどこからともなくダガーを取り出すことができる。やれやれ、ローグのポケットに入ってるのはナイフと糸くずだけか。

カードを使用するには、それぞれ決まったマナが必要だ。マナは君のターンの最初に補充される。また、マナクリスタルは毎ターン1個ずつ追加され、最終的に10個になるのだ。

ヒーローが武器を装備すると、ここに表示される。武器の耐久度は、君が攻撃する度に1ずつ減っていく。つまり、攻撃できる回数には限りがあるわけだ。ここぞという時に使っていこう!

これは君のミニオンだ。ミニオンを使って対戦相手か、相手のミニオンを攻撃するんだ。多くのミニオンには特殊な能力があって、それぞれ独特の戦略的用途を持っているぞ。

対戦相手を倒せば君の勝ちだ。このヒーローの体力が0になるまで、ミニオンと呪文を叩き込め!

各ターンの最初に、君は君のデッキからカードを1枚引き、君の手札に追加する。デッキは常にカード30枚で構成される。そう、必ず30枚、だ。

最近打たれた手と、その処理の詳細をここで確認できる。「なんで突然体力がこんなに減ったの?それになんでこっちのミニオンが全部ニワトリになってるの?!」ってような事態で、状況を把握するために大いに役立つだろう。

ハースストーンのプレイ

まずは、ハースストーンの基本的な対戦の、最初の数ターンの流れを追ってみようか。