【お知らせ】9.1アップデート - 「烈火の戦斧」について

一般的な話題
先日発表したカードのバランス調整の告知に関して、多くのご意見をいただいております。例えば、次のようなご意見です。

「Blizzardは、カードを調整する際にはマナコストを変更する方がプレイヤーにも理解しやすいので望ましい、と考えているらしい」ということに、たくさんのハースストーンのプレイヤーが怒りを感じたり、悪ふざけのネタにしています。この件についてBlizzardは、あまりにプレイヤーを見くびっていませんか?それとも、ファンの意見は全てのプレイヤーの総意とは違う、と考えているのでしょうか?

以下が、こちらのブログに掲載した、該当の記事の抜粋です。

「烈火の戦斧」は、ハースストーンが始まって以来ずっと、ウォリアーの強力な武器として活躍しています。ただでさえコストに対して得られるテンポが優秀な「烈火の戦斧」は、海賊や、武器とシナジーのあるカードとの組み合わせで、さらに猛威を振るっています。マナコストを1増やすことにり、ウォリアーのテンポは少々スローダウンし、このカードの総合的な強さは低減するでしょう。

検討された変更案

「烈火の戦斧」のもう一つの変更案は、攻撃力を2に下げることでしたが、それはあまり直感的であると感じられませんでした。基本的に、カードのマナコストを変更した際には、手札のカードが常に確認できるため変更による混乱を生みにくいです。


コミュニティの数々のご意見を拝見したところ、「Blizzardがカードのバランス調整をするのは、プレイヤーが間違えると考えているからだ(すなわち、Blizzardはプレイヤーをバカにしている)」という、根本的な誤解によるものが散見されました。

ここで明確にしたいと思います。今回カードのバランス調整が行われるのは、あくまでもカードの強さに問題があったから、あるいは毎年のスタンダードのローテーションによりスタンダードを新鮮でより楽しくするために、常に使用可能なカードのセットのキュレーションを行っているからです。「ある変更は、別の変更よりも誤解されやすい」という当の記述は、複数の変更案の中で優劣を決めた際の理由を述べるものであり、実際に変更することを決定した後に書かれたものです。

私たちは、絶対にプレイヤーを見くびっていません。

多くのプレイヤーの皆さんと同様、私はハースストーンのカードを全て暗記しています。「アルカナイト・リーパー」の絵を見るだけで、カードの記述や数値を見るまでもなく、それが5/2の武器カードだと思い出すでしょう。アートがゲームメカニクスへのショートカットになっているのです。カードのアートを変更することなくそのカードのメカニクスを変更した場合、カードを使う際にアートを見るだけで性能を思い出せるプレイヤーは、カードの記述が変更されたことに気づかない可能性があるでしょう。

ここでも明確にしたいと思います――私たちは、プレイヤーがすべてのカードを逐一読むわけではないことを知っています。プレイヤーの皆さんには何千ものカードの記述を暗記できる能力があり、アートを見た瞬間にそれを思い出せる、と私たちは考えているのです。「アルカナイト・リーパー」を使う時、それが5/2の武器カードであるかどうかを毎回確認してから使う人なんて、いませんよね。あり得ません。だからこそ、攻撃力や体力、カードの記述を変えるよりも、マナコストを変更する方が混乱が少ないのです。変更前と同じ感覚でカードを使おうとしても、マナが足りなければカードは使えませんし、緑色のハイライトも付きませんから、全てのカードを暗記しているプレイヤーの皆さんにも、変更が行われたことが明白に伝わるのです。

*一部文言を修正いたしました。
このような議論があったことは初めて知りましたが、変更時の混乱は一時的なものでしょう。
その一時的な混乱に対する危惧が
「カード間のバランスをベストな状態にする」
という、バランス調整で最も大切にするべきことに対して影響を与えているということをこの記事で知り、悪い意味で驚いています。
もっと長期的な視点を持って下さい。
「カード間のバランスをベストな状態にする」
これが最も大切なことでしょう?
カードを1度2度使えば学習して通過してしまうような変更時の一時的な混乱を怖がって変更内容を考えるなど、本末転倒もよいところだと思います。
本当にお願いします。
今回の「烈火の戦斧」への調整には二つ疑問があります。

一つは何故「烈火の戦斧」単体でのナーフなのかという点です。

ただでさえコストに対して得られるテンポが優秀な「烈火の戦斧」は、海賊や、武器とシナジーのあるカードとの組み合わせで、さらに猛威を振るっています。


「烈火の戦斧」自体をこのタイミングでナーフするということは、先述のブログにもある通り、海賊デッキでの使用が問題であると考えてのことでしょう。
それならば、なぜ海賊や武器シナジーのカードをナーフしないのでしょうか。「烈火の戦斧」は海賊デッキ以外にも様々なタイプのデッキに使われていますが、そういったデッキへの影響まで生じますが、それは本来の意図である現状の海賊デッキへの調整とは大きく離れていないでしょうか。

もう一つは「攻撃力や体力を変更する方がマナコストを変更することより混乱が少ないのでそちらを採用した」という点です。

はっきり言ってこの理屈では全く理解できません。確かに調整直後は以前の感覚のままプレイしてミスてしまうということは多くの人がやってしまうでしょう。
ですが、人は一回強烈なミスをしたらその次からは気をつけるものです。一度のミスでかえってカードの性能が変わったことが印象に残り、より強く覚えるものであると私は考えます。
また、調整時に生じるこの混乱を何故Blizzardがこれほど問題にしているかは理解できません。
調整を実施する以前の告知や、調整があった際、ゲームにログインした時点で変更点の告知するなどで、ユーザーには変更があったことを目にする機会は必ずあるはずです。そうした状況で調整内容をきちんと読まずに、以前のカード内容のままであると思いこみプレイして結果としてミスになったとしても、おおよその人は「変更点をちゃんと読んでいなかったな」と思い、「Blizzardは紛らわしいことをしやがって」と怒るような人はほとんどいないのではないでしょうか。
また、過去にも様々なカードがナーフされ、基本やクラシックカードでも「突撃」や「千刃乱舞」のように、ナーフ前のものとは大きくテキストやコストが変わったものもありました。それらの変更点にも今のプレイヤーはしっかりと対応しているのですから、今回懸念している混乱は、そこまで調整する際に考慮すべき事柄であるとは思えません。

先述のように今回ナーフされることになったのは海賊デッキでの使用が問題視されているからでしょう。それならば性能は今のままに「ミニオンにしか攻撃できない」などの調整ではいけないのでしょうか。現状のままでは海賊のテコ入れのためだけに、安易な調整をしているように感じます。
「プレイヤーが間違えるから」という理由で適切な調整を放棄することは理解できません。無計画なナーフを行った責任を、プレイヤーに押し付けているように聞こえます。

確かに、能力が変更されたことに気付かずにカードを使用する可能性はあると思います。
しかし、それも微々たる回数でしょう。数回間違えてカードを使うことに一体何の問題があるのでしょうか。

それとも、プレイヤーが過去の記憶に引っ張られて何十回と間違える様を想定しているのでしょうか?
……やはり、プレイヤーを馬鹿にしていませんか?
ナーフ後の混乱は、この先「烈火の戦斧」が使われる長い時間に比べれば一瞬です。
その一瞬のために調整内容を決めるのは既存のユーザーにも新しく加わるユーザーにも利益は無いと思います。
また
2017/09/08 01:22 PMBelaの投稿
コミュニティの数々のご意見を拝見したところ、「Blizzardがカードのバランス調整をするのは、プレイヤーが間違えると考えているからだ(すなわち、Blizzardはプレイヤーをバカにしている)」という、根本的な誤解によるものが散見されました。

とされていますが、これは「烈火の戦斧」の調整内容に決定した理由(プレイヤーが間違えるから)に対し「馬鹿にしてる」とするもので、バランス調整をする事自体が「馬鹿にしている」と言っているわけでは無いです。
調整内容が雑(練気がコインと同じ性能になったり)だとか、不足している(究極の侵蝕やプリーストの調整が無い)だとか言う事はあっても、調整を行う事自体に対して否定的な意見は少ないです。
黙って俺の言う通りにナーフしろ。
斧の性能は今のまま2/3/2で、ヒーローをこの武器で攻撃した際にはダメージが-3になる。
これで万事解決なんだよ無能ども。
いいか、もし斧のコストを3にあげればウォーリアーはもう一ターン目に出されたマナワームやらを処理できないんだ。
それの意味するところがいかに深刻であるかをもう一度吟味してから、俺の言うナーフ通りにすればいい。
「多くのプレイヤーが混乱するのを避けるため」と読みましたが、それこそがプレイヤーを見くびっているとしか感じませんでした。条件が付いた変更になったとしても、混乱は一時的なもので、多くのプレイヤーはやすやすとそれをクリアーして行くと思いますが。コストだけの大雑把な変更の仕方が今回非難されていると把握されていらっしゃるのでしょうか?
よくわかんない批判ばっか。
単に、以下二つのナーフ案の
・2/2/2の武器にする
・マナコストを1上げる
環境への影響力が同じくらいだったから、
ユーザーライクな(混乱しずらい)マナコストの案を採用したってだけじゃん。

「ナーフ後の混乱が少ないから」マナコストを1上げたんじゃなくて、
2/2/2にするのも、マナコストを1上げるのもどっちもどっちだったから、
分かりやすい方のナーフ案を採用した、ってだけ。
混乱するしないとかはただの判断基準の一つだろ。文脈から読み取れよ。

会話に加わろう

フォーラムに戻る