BlizzConはBlizzardが贈る究極の祭典です。私たちはすべての参加者に可能な限り最高の体験を提供するために全力を尽くします。コンベンション開催中は、障害を抱える方のために様々な支援が用意されます。以下のガイドでは、Blizzconのアクセシビリティに関するよくある質問への回答をご紹介しています。

必要なアクセシビリティは人によって様々に異なります。この記事を読んでも明確にならない疑問がある場合は、blizzcon@blizzard.comまでメールでお問い合わせください。BlizzCon担当チームが48時間以内にお返事いたします。

登録&入場

入場&ADA(米国障害者法)ステッカー
アクセシビリティに関するサポートを必要とする方は、登録時に「アクセシビリティ登録エリア(Accessibility Registration Area)」を訪れてください。ここでアクセシビリティ・ステッカーを受け取れます。名札バッジにこのステッカーを貼ることで、BlizzConのすべてのADA/アクセシビリティ・エリアにアクセスできるようになります。

手荷物検査&金属探知機
妊娠されていたり、医療機器(ペースメーカー、除細動器、脊椎穿刺など)を装着されていて金属探知機を利用したくない場合は、ホールDの近くにあるADA入場口をご利用ください。ここでは金属探知機を通過することなく、衣服の上から触れるボディーチェックを受けることができます。

座席

BlizzCon 2019では、すべてのステージでADA/アクセシビリティ・座席の数を増やしています。特別な座席エリアには見分けがつくようにユニバーサル・アクセシビリティのロゴを表示しています。詳細についてはホールDのアクセシビリティ・エリアでお尋ねください。

介護士/付き添い人

介護士や補助者などの付き添いが必要な場合は、事前にblizzcon@blizzard.comにメールを送り、Blizzardのイベントチームにその旨をお伝えください。BlizzConの会場に到着したら、登録受付の近くにあるアクセシビリティ・エリアを訪れて登録を行い、ADAステッカーを受け取って名札に貼ってください。

聴覚障害および難聴をお持ちの方

アメリカ手話(ASL)通訳者
BlizzConでは聴覚障害や難聴をお持ちの方のためにASL通訳者が待機しています。手話通訳者が必要な場合は、blizzcon@blizzard.comまでメールでお知らせください。そうしていただければ、十分な人数の手話通訳者を確保する上で参考になります。

聴覚補助機器
聴覚補助機器が必要な場合は、アクセシビリティ登録エリア(上記の登録&入場を参照)で機器を受け取ることができます。この機器はメインホールと北ホールのどちらでもお使いいただけます。提供される機器のモデル名はListen Tech LR-42 IR Stethoscope Receiver(リッスンテックLR-42聴診器型赤外線レシーバー)です。数には限りがありますので、ご利用される場合はお早めにご来場ください。

飲食物に関する制限

コンベンションセンター内への飲食物の持ち込みは禁止されています。ただし、以下の特別な事情がある場合は例外となります。

  • 糖尿病などの血糖に関する疾患
  • ピーナッツアレルギーなどの食物アレルギー

食べ物に関して医療上の特別な事情がある場合はblizzcon@blizzard.comまでメールでお知らせください。必要な措置が取られるように、コンベンションセンターに事前に手配いたします。

BlizzConの会場で登録を行う際は、ホールDの近くにあるADA入場口をご利用の上、持ち込む物品が安全上の条件を満たすかどうか手荷物検査を受けてください。

医療機器および医薬品

医療機器(酸素ボンベや噴霧器、インスリンポンプなど)の持ち込みが必要がな場合はアクセシビリティ登録エリア(上記の登録&入場を参照)を訪れてください。セキュリティチームに事前に情報を伝えておきますので、blizzcon@blizzard.comにメールでその旨をお伝えください。

インスリンなどの医療品用の冷蔵設備はありません。来場者はインスリンや食事療法用の特別な食べ物を保存しておくために小型の冷却器を持ち込むことが可能です。医療機器を持参する来場者にはバッグのサイズ制限は適用されません。

薬品類を携帯する必要がある場合はお持ち込みいただけます。入場時の手荷物検査は、ホールDの近くにあるADA入場口をご利用ください。

移動

移動補助具
BlizzConでは移動を支援する器具はすべて持ち込みが許可されます。これには車椅子、電動車椅子、モーター付き車椅子、ニースクーター、ステッキ、歩行器、松葉づえなどが含まれます。

器具を持ち込む場合は、ホールD近くのADAと示された入場口を利用してください。そこで手荷物検査を受けていただく必要があります。手続きを円滑に進めるために、アクセシビリティ登録エリア(上記の登録&入場を参照)でADAバッジを受け取ることをおすすめします。

レンタル
BlizzConでは車椅子やその他の移動補助具のレンタルは行っていません。ただし、アナハイム地域のレンタル会社のリストをご用意しています。レンタル会社のリストをお求めの場合はblizzcon@blizzard.comにメールでお問い合わせください。

階の移動
名札バッジにADAステッカーを貼っている来場者は、北ホールにあるエレベーターを利用することができます。

列に並ぶ、疲労、トイレ休憩
列に長時間並ぶことにより過度の疲労や苦痛を感じる方は、必ず登録時にADAステッカーを受け取ってください。コンベンションセンター内で来場者が休憩できる座席エリアをこれまでより拡大して用意しています。列に並んでいる最中にトイレに行きたくなった場合は、警備員からホールBのロビーに入るためのパスを受け取ってください。このロビーのトイレを利用したあとに、並んでいた列の元の位置に戻ることができます。

感覚処理疾患

自閉症、パニック発作、感覚処理疾患、その他の不安神経症を患っている方は、ADAステッカーを受け取って名札バッジに貼り(上記の登録&入場を参照)、全ステージに用意されているADA座席エリアをご利用ください(上記の座席を参照)。

ADA座席エリアは通路が広くなっており、速やかに入退場することができます。また、人混みの中を通る必要がある場合に警備員が容易に視認できます。

静かな落ち着ける場所が必要な場合は、ホールAとホールBの間のロビーにある応急処置エリアを訪れてください。

必要であればノイズキャンセル機能付きのヘッドフォンを持参することが可能です。その際は忘れずにホールDの近くにあるADA入場口を利用して手荷物検査を受けてください。

介助動物

BlizzConで許可されるのは、障害を持つ個人のための介助行為を行うように訓練された犬またはミニチュアホースのみです。その方の障害に直接関係していない行為を、介助動物にさせることはできません。介助行為の例としては、目の不自由な人の案内、聴覚障害者に警告を与える、車椅子を引っ張られたときに警告する、発作やメルトダウン(パニック発作)を起こしたときに警告を与えたり守ることなどがあります。

介助動物を同伴される方は、最初に登録エリアでADAステッカーを受け取って名札バッジに貼り、ホールDの近くにあるADA入場口を利用してください。

  • 必須ではありませんが、動物には介助動物であることを示すベストを着せることを推奨します。そうすることで他の来場者やスタッフが介助を行う動物の行動を妨げてしまう事態を避けられます。
  • 介助動物は常に飼い主の管理下に置き、飼い主がその世話をする必要があります。
  • 動物には排泄のしつけをしておく必要があり、排泄の際はコンベンションセンターの外に連れて行く必要があります。

BlizzCon期間中、精神的支援を行う動物のコンベンションセンター内への同伴は許可されません。