Windows セカンダリ ログオンは管理者が非管理者のアカウントにログインすることで、ログアウトせずに管理者権限が必要な操作を行うためのものです。セカンダリ ログオンは、ブリザードゲームのインストールおよび実行に必要なサービスです。

  1. WindowsRキーを押します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」で services.msc と入力します。
  3. OKをクリックします。
  4. 名前 列から、セカンダリ ログオン を選択し、右クリックします。
  5. プロパティをクリックします。
  6. スタートアップの種類 ドロップダウンメニューから自動を選択します。
  7. OKをクリックします。

一部のセキュリティソフトウェアやセキュリティプログラムが、セカンダリ ログオン サービスを停止させる場合があります。「自動」に設定した後もサービスが無効化される場合には、ご利用のセキュリティソフトウェア・プログラムの設定を変更し、サービスが無効化されないようにしてください。設定方法にご不明な点がございましたら、ご利用のセキュリティソフトウェアの製造元にお問い合わせください。