接続エラーや遅延が発生した際に、問題の原因を特定するためブリザードより「パスピング(Pathping)」の実行結果提出をお願いする場合がございます。OSのバージョンに応じて、以下の手順に従いログを取得してください。あるノードから指定したノードまでのネットワーク経路を追跡する必要がある場合は、トレースルート(traceroute)を実行してください。

注意: ネットワークの問題を診断するには、パスピングテストのほか、ルッキンググラスを利用する方法もあります。ただし、このツールはトラブルシューティングの際にパスピングテストの代わりとなるものではありませんので、ご注意ください。

パスピングは、ご利用のコンピュータから弊社サーバーへの接続のパケット喪失率を取得します。経路上にあるルーターの応答時間を調べる他のコマンドやツールでは提供されない追加情報を得ることができる場合があります。

  1. スタートボタンをクリックします。
  2. 検索フィールドに cmd と入力します。
  3. CMD.exeを右クリックし、管理者として実行を選択します。
  4. pathping xx > c:\pathping.txtとコマンドを入力します。
    注意: 以下のリストを参考に、コマンドの「xx」部分を接続を確認したいサーバーのIPアドレスに置き換えてください。また、一度に指定できるIPアドレスはひとつです。ご利用の地域ごとにコマンドを分けて実施してください。
  5. トレースルートの完了までお待ちください。この処理には数分かかる場合があります。コマンドプロンプトに新たなテキストが表示されたら、トレースルートは完了です。完了すると、C:ドライブにpathping.txtファイルが作成されます。
    注意: エラーが表示される場合は、管理者モードでコマンドプロンプトを実行する必要があります。手順3に戻ってもう一度やり直してください。
  6. コマンドウィンドウを閉じてください。
  1. /Applications/Utilitiesフォルダを開いてターミナルアプリケーションを起動します。
  2. traceroute -S -q 20 xx > ~/Desktop/pathping.txtとコマンドを入力します。
    注意: 以下のリストを参考に、コマンドの「xx」部分を接続を確認したいサーバーのIPアドレスに置き換えてください。また、一度に指定できるIPアドレスはひとつです。ご利用の地域ごとにコマンドを分けて実施してください。
  3. Returnを押すと、デスクトップにpathping.txtファイルが作成されます。
  4. ターミナルを終了してください。

接続や遅延の問題解決のためにサポートに連絡もしくはフォーラムに投稿される前に、次の情報をご用意ください。これらは弊社のネットワーク外の問題を分析する助けになります。

  • 問題の詳細(問題が発生したゲーム/サービス名など)。
  • 問題が発生した日付/時間。
  • ご自分のIPアドレス、利用しているインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)、接続のタイプ。
  • 問題発生時のトレースルートおよびパスピングの結果。
  • 問題発生時のルッキンググラスによるMTRテストの結果。
パスピング結果の解析

出力結果に表示されている「hop 0」(ホップ 0 = お使いのルーター)や、「hop 1」(ホップ 1 = お使いのモデム)で、1%以上のパケット喪失が続く場合には、ファームウェアをアップデートするか、ハードウェアを交換してください。経路上のそれ以外の場所でパケット喪失がある場合には、ご利用のインターネット・サービス・プロバイダにお問い合わせください。パスピング結果の解析についてサポートが必要な場合は、弊社のテクニカルサポートフォーラムに結果を投稿してください。

弊社のサーバーから応答があった場合には、パケット損失100%の表示を無視してください。弊社のサーバーには次のような拡張子がついています: attens.net、att.net、alter.net、telia.net。

リストにあるIPアドレスのうち1つからしか結果を取得できなかった場合、テストは失敗です。ルーターとファイアウォールを無効にして、再度テストを実行してください。詳細につきましては、ご利用のルーターのメーカーまでお問い合わせください。また、テスト完了後はルーターとファイアウォールを忘れずに有効にしてください。

パスピングの例:


注意: この例は、あくまで説明のためのものであり、過去または現存するインターネット・サービス・プロバイダとは一切、関係ありません。